臨床研究班
Clinical Researches

脊椎外科

脊椎外科スタッフとして、小野孝一郎病院講師、伊藤寿彦助教が中心となって診療および研究活動を行っています。


診療日
AM

小野孝一郎

PM

伊藤 寿彦

初めて当院整形外科を受診される方へ

診療情報提供書
(紹介状)
あり
初診・再診に関わらず優先的に診療致します。
事前に予約を取ることができます。
診療情報提供書
(紹介状)
なし
予約はお取りしておりません。
また、お会計の際に診察料とは別に保険外併用療養費として
5,500円を請求させていただきます。

円滑に診療させていただくためにも、かかりつけ医療機関から紹介状をお持ちいただき、予約を取られることをお勧めいたします。

診療内容

われわれ脊椎外科は、頚椎や腰椎の椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、頚椎後縦靭帯骨化症、胸椎黄色靭帯骨化症、脊柱後側弯症、など幅広い脊椎疾患を対象に治療しております。

当院脊椎外科の年間手術件数は、これまで年間約180件でした。内視鏡手術の導入により今後の増加が期待されます。当院では日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術・技術認定医〈3種経皮的手技〉を有し、国内外で脊椎内視鏡手術のインストラクターを行っている執刀医が脊椎内視鏡手術を担当します。

また脊椎固定術においても小さな開創器や経皮的椎弓根スクリューなどを用いて、より患者さんの体へ負担の少ない術式を取り入れております。

内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア切除術
(Full-Endoscopic lumbar Discectomy:FED)

適応:腰椎椎間板ヘルニア

現在、本邦で行われている腰椎椎間板ヘルニアに対する最も低侵襲な術式です。当院では、多くのヘルニアをこちらの術式で治療することが可能です。直径8mmの内視鏡を背中から挿入して、モニターを見ながらヘルニアを切除します。そのため、傷口は1cm以下です。全身麻酔下に行いますが、術後3時間より歩行を開始し、多くの患者さんは2日後に退院可能となります。

内視鏡下頚椎椎間孔拡大術
(Full-endoscopic Posterior Cervical Foraminotomy:FPCF)

適応:頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症

頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症性神経根症により腕の痛みは、内視鏡で治療することができます。腰椎と同様に直径8mmの内視鏡を首の後から挿入し、狭くなった神経の通り道(椎間孔)をドリルで削って拡大します。ヘルニアを切除することも可能です。腰と同様、全身麻酔下に行いますが術後3時間より歩行を開始し、多くの患者さんは2日後に退院可能となります。

内視鏡下腰椎椎弓切除術
(Full-Endoscopic lumbar Laminotomy:FEL)

適応:腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で病変が1箇所であれば内視鏡を用いて治療可能です。8mmの内視鏡を背中から挿入して、モニターを見ながらドリルなどで狭窄部位を拡大します。全身麻酔下に行い、術後3時間より歩行を開始します。術後、ドレーン(血抜きの管)を抜去した翌日(術後3−5日後)に退院可能となります。

経皮的椎体形成術
(Balloon KyphoPlasty:BKP)

適応:胸椎・腰椎圧迫骨折

脊椎圧迫骨折は痛みのため、また圧潰予防のため何週間もベット上での臥床を強いられ、寝たきりとなる可能性があります。当院では経皮的椎体形成術を早期に行い痛みを軽減し、もとの生活へ早く復帰することを目指します。全身麻酔下に20分ほどで手術は終了します。細い針を背中から骨折した背骨に刺入して、歯科でも用いる骨セメントを注入して補強します。術後翌日より歩行を開始し、多くの患者さんは1週間後のレントゲンで問題なければ退院可能となります。

低侵襲経椎間孔腰椎椎体間固定術
(Minimally Invasive Surgery Transforaminal Lumbar Interbody Fusion:MIS-TLIF)

適応:腰部脊柱管狭窄症, 腰椎変性すべり症、変性側弯症など

腰の椎間板や関節など構造的な問題、背骨に不安定性のある患者さんは、腰椎固定術が適応されます。従来は背中に10cm以上の皮膚切開を必要とした術式ですが、近年、小さな皮膚切開から器具を挿入する技術(経皮的椎弓根スクリュー)が導入され、小さな皮膚切開で行うことができるようになりました。病変部の直上の背中からアプローチし、骨を削って神経の通り道を拡大し、神経の脇から椎間板を取り除きケージを設置します。その後、別に小切開を加えて経皮的にインスツルメントを設置して固定します(下図)。この技術により筋肉のダメージが減り、出血や感染を抑えることができます。術後2日より歩行を開始し、多くの患者さんは2,3週間で歩行が安定し退院可能となります。

側方進入腰椎椎体間固定術
(eXtreme Lateral Lumbar Interbody Fusion:XLIF, Oblique Lateral Lumbar Interbody Fusion: OLIF)

適応:腰部脊柱管狭窄症, 腰椎変性すべり症、変性側弯症、腰椎分離症など

この術式はMIS-TLIFと同様に椎間板を取り除き、ケージを設置する術式です。以前は大きな皮膚切開を必要とした術式ですが、開創器や光源の進化によりわずか数センチの傷で手術可能となりました。日本に2013年に導入され、認定された施設のみで施行可能な術式です。
MIS-TLIFより大きなケージを挿入することができるため、曲がった背骨をより矯正しやすいなどのメリットがあります。また側腹部より椎間板にアプローチするため背筋を損傷することがなく、体への負担が少ないのが特徴です。可能な病態にはこちらの術式を選択します。術後2日より歩行を開始し、多くの患者さんは2,3週間で歩行が安定し退院可能となります。

低侵襲脊椎制動術
(Minimally Invasive Spine sTabilization : MISt)

適応:腰椎椎間板症, 化膿性脊椎炎、脊椎転移性骨腫瘍など

この術式は脊椎の不安定性にもたらされる痛みや病態を、小さな皮膚切開から器具を挿入する技術(経皮的椎弓根スクリュー)を用いて制動する術式です。具体的には、不安定性により炎症が治まりきらない化膿性脊椎炎、椎間不安定性が強い椎間板性腰痛、脊椎転移性骨腫瘍による腰痛などが適応となります。術後2日より歩行を開始します。

頚椎椎弓形成術
(Cervical LAminoPlasty:CLAP)

適応:頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニア

頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアによる脊髄症に対する術式です。長期成績が安定しており、多椎間に病態がある患者さんへ良い適応となります。術後10-14日程度で退院可能となります。

頚椎前方除圧固定術
(Anterior Cervical Discectomy and Fusion:ACDF)

適応:頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニア

頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニアで1箇所や2箇所の病変、またアライメント(頚椎の並び)が後弯している方などに適応されます。頚部前方に4cmほどの皮膚切開から顕微鏡を用いて椎間板を切除し神経の圧迫を取ります。椎間板を切除したスペースにはケージを挿入し、プレートで固定します。術後10-14日程度で退院可能となります。

学会発表

国際学会

Pacific and Asian Society of Minimally Invasive Spine Surgery (PASMISS)
Asian Congress of Minimally Invasive Spine Surgery and Techniques (ACMISST)
EUROSPINE
World Congress of Minimally Invasive Spine Surgery and Techniques (WCMISST)
International Intradiscal Therapy Sociecty

国内学会

日本整形外科学会学術総会
日本脊椎脊髄病学会
日本低侵襲脊髄外科学会
最小侵襲脊椎治療学会
日本脊椎・脊髄神経手術手技学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS)など

最近の代表的な臨床論文

Ono K, et al, Clinical and Radiological Outcomes of Corrective Spinal Surgery on Adult Spinal Deformity Patients. Adv Orthop. 2019 Mar 3
小野孝一郎ほか.低侵襲手術手技を用いたfloating fusion術後に生じた遠位隣接椎間障害に対する経皮的内視鏡下除圧術. JOSKAS. 44巻1号. 626-630頁. 2019年.
小野孝一郎ほか. 【脊椎疾患に対するfull-endoscopic surgeryの最前線】腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入両側除圧. 整形外科最小侵襲手術ジャーナル, 92号Page48-56, 2019年
小野孝一郎ほか. 経皮的内視鏡下頸椎椎間孔拡大術の治療成績 痛みの改善に着目して. Journal of Spine Research. 9巻8号. 1268-1272頁.2018年